スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第七期第六回目評議会 20151120 in Asuka

11月20日 評議会

 
 
 
議会記録
Yew首長:L-Ena
Vesper首長:Vier Zwei
SkaraBrae首長:Demeteru
Moonglow首長:Financiers
Trinsic首長:Ta
Britain首長:Hasho
Minoc首長:Jitta
NewMagincia首長:Akusa Tau'ol
Jhelom首長:Namako

Yew次期首長候補者:Dalamar

Trinsic騎士団長:Mansemat
Trinsic騎士団員:Kann
Trinsic騎士団員:Natsume
Trinsic騎士団員:Isamu
Trinsic騎士団員:Sistina

NewMagincia補佐:Mesona

Moonglow補佐:alone


King Blackthorn: 諸君、こんばんは

市民: こんばんは
市民: こんばんはー

King Blackthorn: 着席したまえ

Financiers: こんばんは、陛下

King Blackthorn: 各街首長、およびブリタニアの国民諸君
King Blackthorn: ようこそお越しくださった!
King Blackthorn: 本日は、第七期第六回目の評議会である
King Blackthorn: とうとう今期も最後の評議会となった
King Blackthorn: 今日は今期を振り返っての総括をお伺いするとしよう
King Blackthorn: 努力の結果が報われたもの、そうでないもの
King Blackthorn: 思いはさまざまであると思う
King Blackthorn: 今日は順番にご発言いただくとしよう



King Blackthorn: L-Ena殿、随分久しぶりだね

L-ena: あまり出席できずに
L-ena: 大変申し訳ありませんでした


King Blackthorn: 何かご事情があったのかね?

L-ena: リアルで休日出勤が続発したり
L-ena: 帰宅時間が非常に遅くなり
L-ena: そのような状態が多発したため
L-ena: こちらの世界にご迷惑をかけることとなりました
L-ena: 謹んでお詫び申し上げます


King Blackthorn: L-Ena殿、何かとお忙しいのは理解できる
King Blackthorn: しかし、評議会は首長にとって重要な責務だ
King Blackthorn: 来られない時は、必ず広報官に連絡を入れなさい
King Blackthorn: 良いかね?


L-ena: 以後気を付けます。

King Blackthorn: それと、これは他の首長にも申し伝えておこう
King Blackthorn: ヘラルドに荷物を持たせたままにして


Demeteru: はっ

King Blackthorn: いっぱいにしておくのは良くないことだよ
King Blackthorn: 心当たりのある者がいるだろう


Demeteru: 常に確認します

King Blackthorn: うむ、気をつけるようにな

Financiers: 了解しました

King Blackthorn: ではL-Ena殿、今期の総括を頼む

L-ena: はい
L-ena: 今季ですが、今までの話にもあったように
L-ena: リアル多忙であったため
L-ena: あまり、この世界に貢献することができずに
L-ena: 誠に申し訳ありませんでした。


King Blackthorn: うむ

L-ena: 次期展望としては
L-ena: もっと、ゲリライベントの開催をがんばりたい所存です。


King Blackthorn: うむ、あいわかった
King Blackthorn: では来期も立候補を考えているということだね?


L-ena: 神秘秘術ギルドとの契約を考える方がいるようならば
L-ena: その人を身を引こうかとも思いますが
L-ena: だれもいないようならば
L-ena: 立候補いたします。


King Blackthorn: あなたが首長として遣り残したことがあるならば
King Blackthorn: 健闘してほしいものだ


Dalamar: 陛下、発言をよろしいでしょうか?

King Blackthorn: うむ、発言を許可する

Dalamar: 皆様はじめまして、ダラマールと申します
Dalamar: ユー首長様、神秘秘術ギルドとの契約
Dalamar: いつも利用させて頂き有り難うございます
Dalamar: もし、来期お忙しいようであらば
Dalamar: わたしも魔術師であり、神秘秘術ギルドとの契約を維持
Dalamar: しつつ
Dalamar: 首長様の政策を引き継ごうかと考えております


King Blackthorn: ほう…

L-ena: 非常に忙しい可能性が高いので

Dalamar: 如何でしょうか?

King Blackthorn: 市政に参画したいということかね

Dalamar: はい

L-ena: そろそろ引き際かもしれません。
L-ena: 新しい世代に


King Blackthorn: まあ待ちなさい。それは市民の決めることだろう
King Blackthorn: あなたがずっとギルド契約を維持し
King Blackthorn: 治安を守ってきた実績は揺るがぬものだ
King Blackthorn: それは市民諸君に判断してもらいなさい
King Blackthorn: ダラマール殿、L-Ena殿


Dalamar: はい

L-ena: では一応、選挙で対決という形で
L-ena: よろしいですかね?


King Blackthorn: どちらが来期、この椅子に座ることになっても
King Blackthorn: 評議会は諸君を歓迎するだろう
King Blackthorn: 良いかね?


L-ena: はい。

Dalamar: では、我々ユー市民の判断に委ねます
Dalamar: はい


King Blackthorn: うむ、ありがとう


King Blackthorn: ではVier Zwei殿

Vier zwei: はい

King Blackthorn: 間に合ったようで何よりだ

Vier zwei: まずは遅れて
Vier zwei: 申し訳ありません
Vier zwei: まず
Vier zwei: 今期の総括ですが


King Blackthorn: うむ

Vier zwei: 前半は怪しい者の登場もあり
Vier zwei: 治安面で不安もございましたが


King Blackthorn: 全くだな

Vier zwei: 現在はそういった目撃情報もなく落ち着いております
Vier zwei: ただ私のほうが
Vier zwei: 忙しくなってしまって


King Blackthorn: ほう、リサイクル業が盛況なのかね

Vier zwei: あまり市政に関われていないのが
Vier zwei: 今期の反省ポイントです
Vier zwei: あと
Vier zwei: 総括は以上で
Vier zwei: それ以外のちょっとした報告として
Vier zwei: 街を訪れる冒険者が
Vier zwei: 若干ですが増えた感じが致します


King Blackthorn: ほう、それは良い知らせだ

Vier zwei: あ
Vier zwei: そうそう
Vier zwei: リサイクル業は
Vier zwei: ちょっとお休みしてましたが
Vier zwei: 数日前より
Vier zwei: また再開しました
Vier zwei: 相変わらず
Vier zwei: 争奪が激しくて
Vier zwei: 特に言葉の通じない冒険者が
Vier zwei: 集団でやってくるのが
Vier zwei: 悩みの種でございます
Vier zwei: 今回の報告は以上です


King Blackthorn: うむ、あなたは地理にも詳しいし
King Blackthorn: 冒険者の助けになってやってくれ


Vier zwei: はい
Vier zwei: もちろんです


King Blackthorn: ありがとう


King Blackthorn: ではDemeteru殿!

Demeteru: はい

Demeteru: ギルド取引は
Demeteru: 以前と変わらず
Demeteru: バード協議会との取引を
Demeteru: 活動も


King Blackthorn: うむ

Demeteru: 引き続きスカラ厩舎横にて
Demeteru: イスや机を置いて
Demeteru: 今も旅人が現れたり
Demeteru: 井戸端会議の場を作って
Demeteru: 毎日留守番しています
Demeteru: 最近も多くの方々に来てもらって


King Blackthorn: いつもにぎやかそうだと広報官から聞いているよ

Demeteru: ありがたいことです
Demeteru: ありがとうございます
Demeteru: 特に最近は冒険者というか
Demeteru: 狩りの案内や
Demeteru: 装備の強化依頼など
Demeteru: 少し活気が上がったような
Demeteru: いい感じになってきました


King Blackthorn: それは良いことだ

Demeteru: はい
Demeteru: 何より大事な
Demeteru: ボイドプールの決戦が近いので
Demeteru: 落ち着かないところではありますが
Demeteru: 今後も活動を続けようと思います


King Blackthorn: うむ、ありがとう

Demeteru: 以上です

King Blackthorn: あなたの政策や活動は今期も順調だったようで何よりだ

Demeteru: 今後も精進します

King Blackthorn: そうだな、期待しているよ

Demeteru: はい


King Blackthorn: さて、次はムーングロウ首長殿の番だが…

Financiers: はい

King Blackthorn: 前回の調査報告については
King Blackthorn: 私も読ませていただいた


Financiers: え、ええ。

King Blackthorn: しかし、皆にも報告を聞いてもらいたいので

Financiers: 大変でございましたわ

King Blackthorn: ロイヤルガードから改めて報告をさせようと思うが…
King Blackthorn: 構わんかね?


Financiers: もしろんですわ、陛下

King Blackthorn: あいわかった

You see: Bernard the Royal Guard

Bernard the Royal Guard: Bernard、参りました!

King Blackthorn: うむ、先の研究者捜索についてはご苦労であった
King Blackthorn: 報告書については目を通したが、直接聞きたいこともあってな

Bernard the Royal Guard: は、それではご報告させて頂きます
Bernard the Royal Guard: 冒険者殿の情報提供に基づき、打ち捨てられたジュカの砦で
Bernard the Royal Guard: 行方をくらませていた研究者の一人を発見致しました
Bernard the Royal Guard: しかし……かなり錯乱している様子で、有益な情報は得られませんでした

King Blackthorn: ふむ……今はニューマジンシアで保護されているのだったね?


Mesona: はい。
Mesona: はい、しかしほとんど食事も摂らず衰弱する一方でして……。


King Blackthorn: ふむ……

Bernard the Royal Guard: なんとか聞き出した情報を元に、我らはスパイダーケイブの野営地を突き止めました
Bernard the Royal Guard: 強力な魔法で防御された入り口もですが、
Bernard the Royal Guard: そこに捨てられていた血染めのローブが……

King Blackthorn: トリンシックにかつて派遣され、狂信者との内通を疑われたサンチョのものだった、と


Financiers: サンチョ・・・

King Blackthorn: なんとも複雑なことよ……

Bernard the Royal Guard: ムーングロウ首長殿と補佐官殿の尽力で入り口をこじ開けたのですが


Ta: 彼の行動で多数の被害を出しましたが、その報いを受けたのか
Ta: 最後は哀れなことになったようですね・・・


Demeteru: ふるふる

kann: 恐れながら申し上げます
kann: 首長殿、彼に哀れみは不要です


King Blackthorn: うむ

kann: どんな理由であれ、

Mansemat: ええ

Financiers: なんて言い様なの!

King Blackthorn: *sigh*

kann: 我が街の同胞の命が失われたのですから
kann: 当然の報いでしょう


Mansemat: 左様に御座います…

King Blackthorn: …待ちなさい

Financiers: 死者に鞭を打つようなことを!

King Blackthorn: まずは報告を聞こうではないか
King Blackthorn: 続けなさい

Bernard the Royal Guard: ……は


Mansemat: ・・・御意に

Bernard the Royal Guard: その先に繋がっていたのはデシート。虚偽のダンジョンでした
Bernard the Royal Guard: そこにいるのは無数のアンデッド……いや、もともとそういう場所なのですが
Bernard the Royal Guard: あの時見たのはなんというか……もっと生々しい何かを感じました
Bernard the Royal Guard: かさついたアンデッドの気配とは違う何か……
Bernard the Royal Guard: *コホン*

King Blackthorn: ……

Bernard the Royal Guard: そして、冒険者殿の助力を得て深部まで辿り着いたのですが
Bernard the Royal Guard: 深手を負ったものも多く、調査はいったん中断致しました
Bernard the Royal Guard: 深部にも同じく魔法障壁がかかっておりましたゆえ……

King Blackthorn: 生々しい気配か……

Bernard the Royal Guard: は、曖昧な表現しかできぬのが心苦しいのですが……
Bernard the Royal Guard: ……
Bernard the Royal Guard: 陛下、恐縮ながら私の見解を述べても宜しいでしょうか

King Blackthorn: うむ、言ってみなさい

Bernard the Royal Guard: はっ
Bernard the Royal Guard: 我々は、「研究者の失踪」という名目で調査を開始致しました
Bernard the Royal Guard: しかし、調査の過程で出てきた情報を繋ぎ合わせ、導き出された結論……
Bernard the Royal Guard: それは、研究者たちは何者かによって連れ去られたわけではなかった
Bernard the Royal Guard: 何らかの目的を持って姿を消したのです
Bernard the Royal Guard: その目的が何かは、未だに判明しておりません
Bernard the Royal Guard: しかし、王位を簒奪せんとした狂信者にスパイを送り込んだこと
Bernard the Royal Guard: そして、残された手記
Bernard the Royal Guard: ……王室にとって、なんらかの不利益をもたらさんとしていると推測せざるを得ま せん!
Bernard the Royal Guard: 私、Bernardはロイヤルガードの名において
Bernard the Royal Guard: 研究者たちの拠点となっていたライキューム
Bernard the Royal Guard: 及び、ムーングロウ首長官邸への立ち入り調査を要求致します


Financiers: 残念ながらBernard卿、その要求にはお答えしかねますわ!

King Blackthorn: ……!

Mansemat: !!!!

Bernard the Royal Guard: ……!

Financiers: 貴殿がこの要求を何度なされようともわたくしが応じる事は断じてありませんわ。

alone: 横暴でしかない!

King Blackthorn: まあ待てBernardよ

Financiers: 断じて!

King Blackthorn: 確かにそなたの懸念は理解できる
King Blackthorn: しかし、調査はまだ完了していない。そうだな?

Bernard the Royal Guard: そ、それはその通りにございます……

King Blackthorn: 首長及び市民に嫌疑をかけるのは、もっと慎重にならねばならない


Mansemat: そ、そんな…

King Blackthorn: ふむ……
King Blackthorn: まずはその深部の防御を解かねばならんな
King Blackthorn: そして、デシートにはガードを増員して動きに備えるとしよう
King Blackthorn: ムーングロウ首長殿


Financiers: はい

King Blackthorn: その魔法障壁をこじ開ける役目、頼まれてくれるだろうか?
King Blackthorn: ……あなたの首長としての矜持を信じているよ


Financiers: 無論でございます。
Financiers: 強力な障壁の解除についてもライキュームにより既に報告を受けております。
Financiers: ・・・我々ムーングロウの徳は「誠実」であり
Financiers: わたくしは自身の「誠実」に従い、「誠実」に答えて参りました。
Financiers: Bernard卿がムーングロウやライキュームに於いて
Financiers: 何をお調べになりたいのか、ご自身ですらおわかりでないのではないですか?


Bernard the Royal Guard: ……!

Financiers: 陛下、ムーングロウへの王位簒奪の疑惑ありきの立ち入り調査要求、
Financiers: このようなことは許されるべきではない。
Financiers: この件では我々も多くのものを失っているのです、

Financiers: とても不愉快ですわ!

King Blackthorn: やったことの証明よりも
King Blackthorn: やっていないことの証明のほうが難しい…
King Blackthorn: しかし、Financiers殿


Financiers: はい

King Blackthorn: あなたももう少し謙虚にならなくてはいけないよ

Financiers: 不躾な嫌疑をかけられて

King Blackthorn: それだけ不安を感じる者が多いということは知らなくてはいけない

Financiers: 平常心でおられるほど
Financiers: ムーングロウに対して愛がないわけではありませんわ
Financiers: ですが
Financiers: 少し言い過ぎました
Financiers: 失礼致しました。


Mansemat: ・・・・

King Blackthorn: うむ
King Blackthorn: Bernardよ、ご苦労であった
King Blackthorn: そなたの具申を反故にしてしまったな

Bernard the Royal Guard: いえ、自らの浅慮を後悔するばかりでございます
Bernard the Royal Guard: それでは、私はデシートの監視にあたる人員を見繕って参りましょう
Bernard the Royal Guard: ムーングロウ首長殿、失礼を心よりお詫びする


Financiers: ええ

Bernard the Royal Guard: では、これにて失礼致します!

King Blackthorn: ご苦労であった
King Blackthorn: ふむ……さしあたりはデシートの警備を強める必要がありそうだな


Financiers: そうですわね
Financiers: それについては少々
Financiers: 私からも報告がございます
Financiers: よろしいでしょうか?


King Blackthorn: うむ、市政の総括と合わせて
King Blackthorn: 発言してくれたまえ


Financiers: はい
Financiers: 先日の研究者と紛失した本の捜索で、
Financiers: デシート内に出現した強力な魔法障壁について
Financiers: ライキュームの総力をあげ、調査・研究がなされており、
Financiers: 数日内にもこの問題について良い報告ができるだろうとの事です。


King Blackthorn: おお、それは何よりだ

Financiers: わたくしもライキュームに向かうつもりでございます。
Financiers: また皆さんにご協力願う事になりそうですわ・・・。
Financiers: 各街首長様方、市民・冒険者の皆様、


King Blackthorn: 元来危険な場所でもあるからな

Financiers: その際は、よろしくおねがいします。
Financiers: はい


市民: *こく*
市民: (•ㅂ•)و

King Blackthorn: わたしからも宜しく頼む

Dalamar: はい

Akusa Tau'ol: はいっ!

Financiers: 今期はエクソダス眷属の襲撃、

Ta: はい

Financiers: そしてまだ未解決となっている失踪した研究者と蔵書のの捜索など
Financiers: 他の街と協力し合える事も多くございました。
Financiers: ムーングロウとしては、第3回BPAコンテストをはじめ
Financiers: 12月5日より開催予定の第4回BPAコンテストへの
Financiers: ご協力を快諾して下さった各首長様方へ
Financiers: 改めてここで御礼を申し上げます。
Financiers: ありがとうございます
Financiers: 近く控えております、魔女コーラとの戦いに於いても
Financiers: 協力を惜しまないつもりでございます。
Financiers: ムーングロウからは以上でございます。


King Blackthorn: うむ、あなたの手腕が遺憾なく発揮された今期だったな
King Blackthorn: コンテストの盛況を祈っている
King Blackthorn: ありがとう


Financiers: ありがとうございます。

King Blackthorn: では、Ta殿!

Ta: はい
Ta: まずは評議会に遅れたことをお詫び申し上げます。


King Blackthorn: うむ、大儀ない

Ta: はい
Ta: ではいつもの報告から入らせていただきます。
Ta: 街のコミュニティの場を作る一環として
Ta: 毎日23:30~1:00まで営業させていただいてます。
Ta: Trinsic市政ストーン前の、のんびり亭
Ta: 現状、鶏小屋付きのんびり亭として営業中です。
Ta: 街のギルド契約についてですが、
Ta: 現状の「技術組合」DEX+3 を継続して維持してます。
Ta: ボイドプールの防衛については、可能な限りの助力をして行きたいと思います。


King Blackthorn: うむ

Ta: それから、行方不明のライキュームの研究者達ですが
Ta: 自ら行方をくらませたのは、もはや疑いようもない事実のようです。


King Blackthorn: ……

Ta: Sanchoもその者達の仲間だったようですね。

Financiers: え、ええ

Ta: 街の為に命を落とした者達に報いる為に
Ta: Trinsicの名誉にかけてその者達を見つけ出し
Ta: それ相応の処罰を与えましょう。


King Blackthorn: …そうだな

Ta: あと、たびたび紫電騎士団がムーングロウの挑発に乗り
Ta: 毎回騒動を起こしておりますが、あまりに目に余るので
Ta: この場を借りて紫電騎士団には一言忠告させていただく。


Mansemat: …

Ta: Trinsicのパラディンは剣術と馬術に優れ、
Ta: また「教養」と「完璧なマナー」を身につけた紳士がなるもの
Ta: 挑発に乗り、真実を見据えず、思い込みや感情で行動するなど
Ta: 騎士にあるまじき行為。
Ta: 勇気を持って、自身の行動を今一度見据える必要がありますよ。


King Blackthorn: ふふ、これは随分手厳しい

kann: 御意

Mansemat: ・・陛下、主様の仰る通りに御座います。私めは余りにも盲目的過ぎました

Sistina: 肝に銘じておきます

Mansemat: かつて陛下の記された書物にある聖騎士ジェイフェスのオークへの憎しみ
Mansemat: それと同様に私めは名誉の徳を曲解し
Mansemat: 誓いと行動規範のみに執着し過ぎておりました。
Mansemat: ・・・ムーングロウ首長殿


Financiers: なにかしら

Mansemat: これまでの非礼と暴言、心よりお詫び申し上げます。

Financiers: いいえ、おわかりいただければよろしいのよ

Mansemat: 陛下、主様
Mansemat: 私めは今一度、騎士とはどうあるべきかを考えなおす為
Mansemat: 此の身を一兵卒とし、今後の行いを正したく思います。


Ta: ふむ

Natsume: ちょw

Financiers: 一兵卒に戻るというあなたの心意気には、わたくし感服いたしましたわ。

King Blackthorn: ほう…団長の座から退くと?

Mansemat: …左様に御座います

kann: !!

Mansemat: 騎士団の全ては以後、主様に委ねとうございます

King Blackthorn: Ta殿、どうだね?

Ta: では、騎士団が乱れぬように

King Blackthorn: 人員確保等に問題がないのであれば

Ta: 整うように尽力いたしましょう

King Blackthorn: 王室としてはこれを許可する

Mansemat: …有り難うございます

Financiers: 騎士団長殿

Mansemat: はい

Financiers: ぜひ一度ムーングロウにもいらっしゃるといいわ。

Mansemat: …ええ、もちろん。

Financiers: それだけよ

King Blackthorn: 後ほど、新体制についてBernardに報告しておくように

Ta: はい
Ta: Trinsicからは以上です。


King Blackthorn: うむ、ありがとう
King Blackthorn: Mansemat殿、地位にかかわらず
King Blackthorn: 騎士として立てた誓い
King Blackthorn: 忘れることのないように


Mansemat: 御意に御座います

King Blackthorn: うむ、結構


King Blackthorn: Hasho殿、報告を

Hasho: はい
Hasho: 今期の活動の成果としては
Hasho: 人口増加が前期よりもあった事ですかね
Hasho: ただまぁ


King Blackthorn: うむ、そのようだな

Hasho: その大半がヘイブンへ行ってしまいましたが
Hasho: 全体としての増加なら何よりかと
Hasho: 思っております


King Blackthorn: 催しの計画についてはどうだね?
King Blackthorn: あれから進んでいるだろうか


Hasho: 若干多忙に付き
Hasho: 後半月欲しいところです
Hasho: 秋が終わってしまいそうですが
Hasho: 冬には間に合うかと
Hasho: そんな感じです


King Blackthorn: ほう、それは楽しみだ

Hasho: 来期も変わらず立候補はします

King Blackthorn: うむ

Hasho: 活動もまた
Hasho: 変わらないでしょう
Hasho: まぁ
Hasho: 近々のボイドプール防衛では
Hasho: 勇士の増加が見込まれるでしょう


King Blackthorn: うむ、あなたの活躍も期待しているよ

Hasho: 簡単ですが以上となります

King Blackthorn: 今期も順調だったようで何よりだ
King Blackthorn: ありがとう



King Blackthorn: Jitta殿、報告の準備は良いかね?

Jitta: はい
Jitta: ミノック市政についてですが、ギルド契約は鉱夫共同体との契約を継続しいおります。
Jitta: また、エルフ族の鉱夫からの要望もありこのまま継続させたいと存じます。

King Blackthorn: うむ

Jitta: 今期はミノック市政としてはギルド継続とトリンシックへの技術支援を行なって参りました
Jitta: ケンダル鉱山の安全管理も行なって参りました。
Jitta: 来期も市民の方々の信任を頂けるのであれば
Jitta: ミノックの平和と繁栄のために尽力したいと存じます。
Jitta: 魔女コーラとの戦いについては
Jitta: ミノックとしては、武器やドラゴン装甲証書を提供したいと存じます。
Jitta: 提供する武器等については、残念ながら時間が足りなく、


kann: 頼もしい

Jitta: ブラックロックコーティングは施しません。

King Blackthorn: …

Ta: ・・・

Mansemat: …それがよろしいかと

King Blackthorn: Jitta殿、何度も申し上げているが
King Blackthorn: 勝手な行動は謹んでくれたまえよ?


Jitta: はい
Jitta: コブトスはミノックから近く注視しております。
Jitta: 掘り仲間である採掘ヘッドレス達も落ち着いていられません。
Jitta: 我々ミノック市民も全力で戦いたい所存です。


King Blackthorn: ガードからの報告では、魔女コーラの軍勢の気配は
King Blackthorn: かなり至近まで迫っているという


Jitta: ふむ

King Blackthorn: ミノックにおいては、状況の監視に勤めてもらいたい

Jitta: 承知しました。
Jitta: あと、陛下のお許しを頂けるのであれば、
Jitta: 私が研究を続けている「ブラックロックコーティング」について
Jitta: 前回の評議会にて試作品をMansemat氏に託しましたが、


King Blackthorn: おお、そうであったな

Jitta: その報告を頂ければと存じます。

Mansemat: …試用致しました

Ta: ほう

kann: どうでしたか?

Mansemat: 謹んで報告申し上げます

King Blackthorn: うむ、時間も迫っているが是非報告を聞こう

Mansemat: 思い出したくありません
Mansemat: 以上です。


Ta: !?

Demeteru: なんてことだ

Isamu: ・・・

King Blackthorn: そ、そうか…

kann: ・・・

Financiers: ・・・

Jitta: ・・・

Sistina: 見たかった

King Blackthorn: Jitta殿、実用に耐えるものではないようだな…

Ta: 魔導研究所においてもまだ不安定な要素が多いと報告を受けております

Jitta: もっと研究と実験を重ねて

Ta: もう少し研究が必要かと存じます

Jitta: 次の犠牲者
Jitta: でなく


Ta: !?

Isamu: !

Mansemat: …

King Blackthorn: まずは研究計画書を王室に提出しなさい
King Blackthorn: それに基づいての研究ならば許可しよう


Jitta: はい、是非王室ガードにも
Jitta: 試して頂きたいと存じます。


Ta: !?

King Blackthorn: *Sigh*
King Blackthorn: 本人に聞くことだ
King Blackthorn: 以上かね?


Jitta: ミノックからは以上です

King Blackthorn: うむ、ありがとう


King Blackthorn: さて、ニューマジンシア首長殿
King Blackthorn: お待たせしたね


Akusa Tau'ol: はい、
Akusa Tau'ol: ニューマジンシア首長、Akusa Tau'olです。
Akusa Tau'ol: 今期は様々なことが立て続けに起こる、慌ただしい日々でございました。
Akusa Tau'ol: タイムゲートが開く刻(とき)だけあって、
Akusa Tau'ol: 時間の流れも平時とは異なっていたのかもしれません。
Akusa Tau'ol: Fanaticとの戦いに始まり、タイムゲートを開く4つの鍵を手に入れる戦い、


King Blackthorn: その通りだな

Akusa Tau'ol: イオドーンという新たな世界への扉が開かれ、
Akusa Tau'ol: ドラゴンタートルをはじめとする様々な新生物との邂逅、
Akusa Tau'ol: そして、シャドウガードへの道が開かれ、父を含めた数多の冒険者が、
Akusa Tau'ol: 日夜あの難攻不落の要塞に挑んでいるという日々が続いております。
Akusa Tau'ol: 私は魔曲を使い、味方を援護するのが主な役目なので、
Akusa Tau'ol: 装備のすり減り様はそれほどでもないのですが、
Akusa Tau'ol: わが父の装備のすり減り様は尋常ではなく、
Akusa Tau'ol: もはや長時間の戦闘に耐えうるものではなくなってしまいました。


King Blackthorn: ふむ…
King Blackthorn: おお、確かにそうだな…


Akusa Tau'ol: テーブルに置いたのが
Akusa Tau'ol: 父の装備ですが
Akusa Tau'ol: よくもここまでぼろぼろになったものだと思います。


King Blackthorn: 堅牢な龍の鎧がここまでになるとは

Akusa Tau'ol: このような状況では、魔女コーラの軍勢を迎え撃つなど夢のまた夢。
Akusa Tau'ol: あの長い戦いのため、新たに装備を新調することになりました。
Akusa Tau'ol: 1波でも多くの敵を屠り、この飛鳥の地に栄冠をもたらそうではありませんか!


King Blackthorn: そうだな
King Blackthorn: あなたの父上ほどの方がおられれば
King Blackthorn: きっと栄誉は我らに輝くであろう


Akusa Tau'ol: はい。
Akusa Tau'ol: 最善を尽くして参ります!


King Blackthorn: うむ

Akusa Tau'ol: このような、戦いに次ぐ戦いという日常でしたが、
Akusa Tau'ol: それでも、ニューマジンシアの港には
Akusa Tau'ol: トレーダーたちの船が
Akusa Tau'ol: 絶えることは
Akusa Tau'ol: ありませんでした。
Akusa Tau'ol: トレーダークエスト4000回記念として


King Blackthorn: うむ

Akusa Tau'ol: 大量の白網を港に投げたと思ったら
Akusa Tau'ol: あっという間に5000回を達成してしまい、
Akusa Tau'ol: フェルッカの奥深く、


King Blackthorn: はは、忙しいことだ

Akusa Tau'ol: 宇宙で祭壇に骸骨を捧げ
Akusa Tau'ol: かの恐るべきモンスター
Akusa Tau'ol: Harrowerを討伐することとなりました。


King Blackthorn: ほう

Akusa Tau'ol: 戦闘の方が忙しくて、広報部の人員が足りないのか
Akusa Tau'ol: かなりご報告が遅れていることが多々あり、
Akusa Tau'ol: 申し訳ございません。


Namako: すいません遅刻しました

Akusa Tau'ol: 来期も、この街の繁栄を守り抜くため、来期も粉骨砕身、全力を尽くすことを誓います!

King Blackthorn: うむ、ありがとう

Akusa Tau'ol: ニューマジンシアからは以上です。

King Blackthorn: 今期もニューマジンシアは活発なようで何よりだ


King Blackthorn: さて、Namako殿

Namako: あ、はい

King Blackthorn: 間に合ったというべきか

Namako: ギリギリか

King Blackthorn: 何にしても、この場で会うことが出来て嬉しく思う
King Blackthorn: 今期の総括を頼むよ


Namako: 遅れて申し訳ないです
Namako: はい
Namako: 今期の市政のの方も安定して問題も無く
Namako: 街の契約も安定して継続出来ています。

King Blackthorn: うむ

Namako: 資金の方も寄付等により安定しています。
Namako: 要望の方も厩舎の設置を続けていきたいと思います。


King Blackthorn: うむ、そうだな

Namako: 短いですが私からは以上です

King Blackthorn: 色々と忙しい中、いつも状況を知らせてくれて
King Blackthorn: 心より感謝申し上げる


Namako: すいません慌ててて纏まっていません

King Blackthorn: これからの健闘を祈っているよ

Namako: はい

King Blackthorn: さて、今日は随分と時間が過ぎてしまったが
King Blackthorn: こうして全員の首長が揃った
King Blackthorn: 今期はタイムロードの降臨に始まって
King Blackthorn: まさに激動の期ともいうべき期だった
King Blackthorn: また、トリンシックに端を発した事件
King Blackthorn: いまだ解決を見ていない事件もある
King Blackthorn: そんな中、それぞれの街が
King Blackthorn: それぞれの立場で最善を尽くしてくれたことに
King Blackthorn: 心より感謝申し上げる
King Blackthorn: 選挙戦になる街もあるようだが
King Blackthorn: 来期も全ての椅子が埋まり
King Blackthorn: 諸君と議論できることを
King Blackthorn: 心より楽しみにしている
King Blackthorn: それでは、今期はこれにて閉会とするが
King Blackthorn: この後、ニジェルムのEMホールにて
King Blackthorn: 魔女コーラ迎撃についての
King Blackthorn: 極秘会議を執り行う


Jitta: 極秘・・・

King Blackthorn: 遅い時間ではあるが、是非参加してほしい

Natsume: 極秘です!

King Blackthorn: 市民諸君、質問等はないかね?
King Blackthorn: では、これにて閉会とする!


Ta: お疲れ様でした

Akusa Tau'ol: ブリタニア万歳!

Mansemat: 総員、国王陛下と首長様に敬礼!

市民: お疲れ様でした

King Blackthorn: ブリタニア万歳!

Mansemat: 陛下万歳!ブリタニア万歳!

Sistina: 陛下万歳!

Natsume: 万歳!

kann: 万歳!

Sistina: ブリタニア万歳!

関連記事

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

May

Author:May
■シャード   飛鳥
■メインキャラ May(まい)
■職業     テイマー

飛鳥でまったり活動するテイマー。もっぱら生産ばかりしてたはずが沢山イベントやってたり?!

気ままに引退、復帰を繰り返してます^^;;


■Mayの娘   Artemis
■職業 バードな飛鳥Vesper次期首長を目指す!

Vesper北の酒の泉酒場にて毎夜20時より酒場営業中。22時以降適時閉店。

うお店舗紹介
■店舗名   K&A Shop & Bar
飛鳥(Asuka)ルナ構内南門付近
店舗位置
91o 46'N, 24o 7'W
ルナ構内へ移転しました。

WS000012.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
新着情報
EM Twitter...
#UO_JPN Twitter...
RSSリンクの表示
来訪者数
UO著作権表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。